FC2ブログ

ドリスピ(ドリフトスピリッツ)攻略?日記

スマホアプリで楽しめる、通称ドリスピことドリフトスピリッツにハマってます(^^) ボスバトル等のイベントや車の情報・攻略をお届けしています。

キングヒロシまでの険しい道のり-5週年ボスバトルイベントを振り返って-

ドリフトスピリッツの5週年イベントで行われたBB(ボスバトル)は、HS車初の☆7R35 GT-R 不知火が目玉のイベントでした。
しかしなんと言っても見落とせないのは、キングヒロシの存在でしょう。

それまではボスバトルイベントの後半に出現して、運が良ければ簡単に倒せるのでランキングアップには欠かせない存在でした。

ところが今回の5週年BB(ボスバトルイベント)では、そのキングヒロシに出会うまでが険しい道のりになってしまいました。なにせ強豪のR35 GT-R軍団を撃破しなければいけないからです。

ちなみに今回は流していたおかげなのか?初チャレンジで最後のキングヒロシまで到達できましたので、振り返ってみることにします。

キングヒロシに出会うまでの相手達

では対戦相手を振り返ってみます。ちなみに私の車はバラードスポーツCR-X Si AS(BALLADE SPORTS CR-X Si AS)の☆6++でした。

1回戦人形遣いのツバサ

まず最初は人形遣いのツバサで、戦闘力は995のGT-R nismoが相手。撃破ポイントは1000なので、フルブーストでフツーに1撃で倒せる相手でした。


隻眼のアキト

2回戦目は隻眼のアキトで、戦闘力は1037のmy17 35GT-R。撃破ポイントは1500で、この相手もまあなんとかニトロを打ちながら1回で倒すことができました。


強気バイトのナツメ

3回戦目は強気バイトのナツメで、戦闘力は1089のTachyon(タキオン)。HS車の35GT-Rで撃破ポイントは2000なのですが、途中でミスを連発して、一回のバトルで倒せませんでしたorz。


絶対女王ネフェルティ

4回戦目は絶対女王のネフェルティで、戦闘力は1140のR35 NISMO GT-R 2017。撃破ポイントは2500になっていて、すでに気おくれしてしまったのか?やはり一撃撃破ができませんでした。

ちなみにネフェルティティティという王妃が、古代エジプトには存在したそうです。ネフェルティとは美しい者という意味らしいのですが、ドリフトスピリッツでは美しさが強さとして表現されているということなのかもしれませんネ。

ついに最終戦・キングヒロシと久々に対戦

強豪のNISSAN R35 GT-R集団との戦いを制し、やっとでAE86に乗るキングヒロシと対戦することが出来ました。

キングヒロシが乗るトヨタ・スプリンター・トレノはハッチバックのAE86。戦闘力はわずか525しか無いのに、撃破ポイントは5555も戴けるというありがたい相手です。

絶対女王ネフェルティ

レア塚本さんのときもそうだったのですが、ドリスピのBB(ボスバトル)イベントではレアキャラは上位になるほど出現率が下がるような感じがします。

実は今回のイベントで、この後2回もツバサが現れました。ただ狙いが12345位だったのと、ガソリンの切れ目だったのでスルーしていました。

絶対女王ネフェルティ

最終戦だけはハロウィンNS-Xの☆6で走りましたので、ちょっとだけ撃破ポイントのおまけをいただきました。

今回は特別なボスバトルだったので、レアキャラのキングヒロシまでの道のりが険しくなったのだと思います。次回も同じようならば、初心者はもちろん、プレーヤーレベルが100位では厳しくなりそうです。

運営さん。アプリのアップデートは大切ですが、これからドリフトスピリッツを始める人達や初めて間もない人たち向けの配慮もお願いしますよ。

応援などm(_ _)m

スポンサーサイト

バラードスポーツCR-X Si ASの実力やいかに

バラードスポーツCR-X Si AS(BALLADE SPORTS CR-X Si AS)がドリフトスピリッツに登場して、その実力が気になる人も多いと思います。

実車はまさに昭和の名車とも言える車で、当時のホンダらしく軽量コンパクトな車体が特徴的。まるでオートバイのエンジンみたいに、高回転まで一気に回る『高回転・高出力』エンジンが魅力的でした。

ドリフトスピリッツのなかではS660と同じように、加速力にステータスを多く振られています。CR-Xのほうがやや加速とハンド値がS660より低く、高速とニトロがやや高くといった感じです。

CR-X ☆5++青

個人的には赤と青のカラーがお気に入りで、ホイールやエアロもオリジナルデザインが一番マッチしているように感じます。課金車両だったので、あまり出回っていないのもちょっぴり嬉しいかな。

バラードスポーツCR-X Si ASの戦闘力

バラードスポーツCR-X Si AS(BALLADE SPORTS CR-X Si AS)の戦闘力を公開したいと思います。星5と(星5++)の数値を載せておきます。

高速性能:2377(2437)
加速性能:1683(1698)
ハンドリング:2627(2687)
ニトロ性能:3198(3258)
燃料消費量:445(445)

CR-X ☆5白

まあ見てのとおりといいますか、FFながら加速性能に長けている車になっています。ドリスピではロケットスタートを切って、とにかく逃げまくる作戦になるってところですね。

最近のドリスピでは加速性能が高い車が多く、実際に短いコースもあるので有利とも言えます。不利に感じるのはニューヨークのコースで、S660ともに苦手なコースになっています。

もっとも燃費が良いので、ある程度のドライバーレベルになると常時使用車としてCR-Zの代わりにもなります。最近は全体に戦闘力が底上げしているので、CRーZではきつい戦いもあるので私はCR-Xを普段使いにしています。

バラードスポーツCR-X Si ASの感想

バラードスポーツCR-X Si ASをドリフトスピリッツで乗ってみた感想を言えば、『この車、楽しいなっ』です。速い遅いは抜きにして、とにかく楽しく走れる車なんです。

今までドリフトスピリッツではHONDAS800と日産FAIRLADYZS30Version735の2台が、乗って楽しい車でした。CR-Xは3台目の楽しめる車として、個人的に認定したいと思います。

実際にドリフトスピリッツで最強車といえば、35GT-R系になります。星7での強力な戦闘力は、他の追随を許さない絶対王者。だけどその分の代償として、ロケスタの難しさと燃費の悪さが挙げられます。

他にもHS車とD1の中には速い車がたくさんありますが、残念ながら変えられるのはホイールのみだったりします。まあそれぞれが独自デザインなので、カラーが固定されるのは仕方がないところ。

それに比べるとCR-Xは色の選択肢もあり、エアロとホイールも変更が可能です。もっとも私個人的な意見は、前に書いたようにオリジナルデザインが一番ですが。

CR-X 赤

そして意外にハンドリング値が低くても、長いコーナーが続かなければ大丈夫。サスとターボをフリーパーツに入れておくと、結構コーナーでもたつく感じもありません。

ドリスピGPでも乗りましたが、ニューヨークのコースは相性が悪かったです。首都高や箱根なら、ロケスタがやりやすいので先行できます。加速性能が良いので小さなコーナーでの立ち上がりも早いので波に乗れるし。

Rollin'35のボスバトルイベントは、ストーリーもループもR35のNissanGT-Rとの戦いばかり。その強いGT-RをバラードスポーツCR-X Si AS(BALLADE SPORTS CR-X Si AS)で倒すのも快感です。

そしてなんと言っても大切なのは、画面上での車のサイズ感なのだと思います。あまりデカすぎると軽快感がなくなちゃうので、CR-Xくらいのサイズがちょうどいいなぁと感じます。

実車で言えば現在の車は電子制御モンスターで、安全性能の為にリトラクタブルヘッドライトも廃止。ボンネットも高く衝突安全性で重たいし、コンパクトカーとは名ばかりのデカさ…。

CR-Zでは表現しきれなかった壁、ホンダには実車でCRーXのような車を現代のルールをクリアして再現して欲しいものです。そしたら…
絶対に買います!!

ポチッとなぁ

5週年記念のボスバトルイベントはR35不知火でHS車の☆7解禁

ドリフトスピリッツが5週年記念イベントの中で、ボスバトルイベントを開催中。気になる報酬車はドリスピ初の☆7HS車となる『不知火』

NISSAN GT-R R35 不知火

R35のGT-RとしてはすでにHS車でタキオンが存在していますが、☆6++止まりなのでNISMOやMY17のR35のように☆7は解禁されていません

これをきっかけに過去のHS車両たちが☆7解禁となれば、R35を持っていない・興味がない。といったドリスピユーザーにとっては、新たな楽しみが出てきそうです。

もっともそうなるとすでに☆7として解禁されている車の殆どが、戦闘力的に乗らない車になる可能性が高くなります。なんと言っても燃費が良くないわけで、それでいて速くなければ乗らなくなるのは当然ですから…。

ボスバトルイベントと関係のないハロウィン仕様のFD3S登場

さて5週年を記念したドリフトスピリッツのBB(ボスバトルイベント)ですが、なぜかハロウィンTAが終わってから登場してきました。

マツダ RX-7 FD3S-Version Halloween-

ステッカーはON/OFFの切り替えができるので、オレンジ色のRX-7として新色追加といったデザイン。リトラクタブルヘッドライトの車は、夜バトルの影響でポップアップしているのが残念な車が多いのですが、コチラは半目でカッコよく決まってます。

ボスバトルイベントの特効車でもあるし、欲しいけどガチャを引かなければいけないので見送っています。順位でも取れない車なので、今後スピチケオーダーに追加されることを祈りましょう。

今よりもすでに一年後のハロウィンイベントで活躍しそうなので、ゲットした人は今回のBBで育てたおく価値がアリそうですネ(うらやまC)。

Jack-o-drifter高価買取中

さてここでまた5週年のドリフトスピリッツR35祭りのボスバトルイベントとは別に、なぜかJack-o-drifterが高価買取になっています。

Jack-o-Drifter

☆7が解禁されて、なんと5,000,000コインで売却可能だそうでして、一気にコインを増やすことができます。11月のアップデートもあって、所有コインの上限が上がることにも関係が有るのでしょうか?

もともとは奈美子がハロウィンイベントで乗った車で、とくに尖った性能ではありません。ただあえて買取価格を上げたということが、何か運営さんの考えがあると読んでいます。

残念ながら私はTAで獲得した分を溶かしてコインに換えたのですが、今回のイベントでレアドロップを集めて合成中です。とりあえず☆6車両は1台作れました(^^)

R35だけのチームRollin'35

今回のボスはNISSAN GT-R R35だけを集めて作った、Rollin'35というチームが相手。そしてその中でトップに君臨するのが不知火です。

ボスバトルイベント Rollin'35 史上最強の敵

アキト、ナツメ、ツバサ、ネフェルティはモチロン、なんと寿セイジュウロウまで登場するR35祭り状態。ドリスピにおいては、いかにR35が最強車両として扱われているのかがわかります。

もっとも実際に自分が乗る立場になると、ロケスタが難しくて結構大変な印象があります。まぁ私は旧タイプのNISMOとノーマルしかもっていなので、タキオン・MY17・17NISMOはどんな感じなのか?はわかりませんが、やはりそれなりの難しさは有るのだと思います。

いずれにしても今回のボスバトルイベントは対戦する相手がR35のGT-R集団、ループに入ったときの超本気を相手にするときには緊張感がありますネ。

とりあえず前半は自然給油でのんびり走ってます。後半戦は早めにループに入って、12,345位のキリ番が今回の狙いになっています。なにせ3,000位で10%ガチャ券では、不知火狙いはキツそうなので…ねっ。

ポチッと⇒

2018年ハロウィンTA(タイムアタックイベントを振り返って

ドリスピで行われた、2018年のハロウィンTA(タイムアタックイベント)を振り返ってみます。ちょっと遅くなりましたが、結果発表などと共に所感をブログに書いてみます。

まず今回はハロウィンイベントなのに、新型車両が登場しなかったこと。なぜかその後のBB(ボスバトルイベント)で、RX-7(FD)のハロウィンバージョンが登場しました。

もしかしたら来年のハロウィンイベントで活躍るので、有料ガチャが引ける人はゲットしておく手もありそうですネ。

さて話を本題に戻して、2018年のハロウィンTAを振り返って見ることにします。まあ今回も肝心なところでspiritsが持続できずに、イマイチの成績でした…。

2018年ハロウィンイベントの結果

TAで何を狙うのかによって走り方戦法は変わる

さてTAイベントですが、上位に入ってもらえるのは☆7車両です。と言っても35GT-Rとかではなくあまり乗る機会がなさそうな車達。

ただこの車達は好きな人は別として、コインに換えることができるメリットがあります。TAの場合は獲得トロフィーが報酬上限になると、その後はコインがもらえるだけです。

つまりコインが欲しい人以外は、走り続けるメリットが無いということ。なので上位狙いの人は、たくさん走るよりも、魂ドリンクを使って集中したほうが良いイベントなのです。

またTAの時期は休みに入るユーザーもいるので、フレバトで稼いで『最速伝説ランキング』で上位を狙うチャンスでもあるのです。

まさに欲しい報酬に応じて、TAイベント期間はそれぞれが走り方戦法を変えられるのです。獲得トロフィーが報酬上限まででOKならば、TA仮面ゴールドが出現する後半に絞って参戦するのもあアリです。

タイム上位にこだわるならば、パーツの設定とニトポ(ニトロポイント)を徹底的に検証することになるでしょう。そしてつかめたら魂ドリンクで一発勝負でタイムを出すという流れです。

2018ハロウィンTA(タイムアタックイベント)の結果

まず最高位がEX-1の1091位で、たまたまNS-Xのハロウィンバージョン☆6を持っていたからです。メダルがなかったので☆7にできなかったのですが、出来ていれば1,000位切れたかなぁ~。

EX-2とTA-1に関しては、最初の走りで達成タイム報酬を頂いてほぼ終了です。上位に行ける見込みが無いので、ある意味『捨てコース』扱いにしています。

ちなみにトロフィーは、TA3のS660で稼いでいました。燃費がいいのとロケスタが簡単なので、ストレスが無いことがその理由です。全部spiritsで走れれば、も少し上積みはあったのかもしれません。

まあ結果はすべて4桁超えの順位でしたが、タイムアタックイベントはまだ初心者。前々回から少しずつ真面目に参加したばかりで、以前はスルーしていました。

やり始めてみると楽しいもので、毎回各コースの上位車両を見てはできる限り同じ車両を用意しています。今回はハロウィンも同じように、各コースで持っている車両があれば投入していました。

2018年のハロウィンTA(タイムアタックイベント)で感じたのは、やはりなんと言ってもドリフトスピリッツでは集中力が一番大切だということ。次回は全spiritsを目指してがんばります。

応援等⇒

ドリスピへの要望や改善して欲しい事

今日はちょっと箸休めとでもいいますか、ドリスピを楽しむ一人として要望や改善して欲しい事を書いてみようと思います。

あくまでも私個人的な事なので、違う考え方の人もいるでしょう。一人のユーザーとしての意見ですので、何かを押し付けようというものではありません。

さてまず今までで困ったことで、運営さんが改善してくれた事を思い起こしてみました。私はandroidを使っていますが、以前OSをバージョンアップしたらガレージの背景が真っ白になったことがあります。しばらく続きましたが、GoogleChromeのアップデートで改善しました。

また要望が多かったのでしょうネ、プレゼントでパーツと強化ボックスが別れたので使いやすくなっています。

未だに賛否両論のようですが、ディーラーの画面が変わって見た目がかなりきれいになった印象です。

ドリフトスピリッツアプリの問題なのか?機種の性能?通信環境?

ドリフトスピリッツでバトルとしていると、時折起きるのがハンドルが反応しなくなる現象です。スタートでアクセルが反応しなくなる場合もあります。

運営さんに質問をしてみると、他のアプリが立ち上がっていないか?といった機種の問題を指摘されます。まあ実際には他のアプリは立ち上がっていなくても起きますが…。

車自体は動くので通信環境ではなさそう。でもって対処法としては、画面を数回タップすると復活してくれます。なので大事なバトルの前は、ローディング画面の時に左右数回タップする癖がついてしまいました^^;

他には最近減りましたが、ログインしたあとやバトルの後に起きる現象で、画面にうずまきがグルグル回って進まない現象。仕方なく一度アプリを終了して戻ると治ることが多いです。

改善して欲しい事

個人的に一番改善して欲しい事は、ドライバーレベルが200を超えるとガソリンが満タンになるだけになる部分です。所有パーツやクルマの数、ガソリンの所有数が増えなくなるのは要改善です。

闘気は相手のほうが高い場合、自分のほうが下がらなくなったのは改善された点です。ただいまいち分かりづらいという人も多いかな。なにか他の言い方に変えたほうが、『乗りなれた車に乗ると強くなる』という意味が伝わりやすいと思います。

これは前の記事のコメントにも書きましたが、車のステータスが上がり続けることが良くないのでは?ということです。

戦闘系のソーシャルゲームに多いのですが、課金を促すためにステータスが上がり続けてしまうことが多く見られます。結果一部の重課金者向けのゲームになってしまい、ユーザー離れが進んでしまいます。

それよりも高速・加速・ハンドリングの振り分けを変えて、総合戦闘力をほぼ同じ車を作るほうがバトルが面白くなると思います。コースやレーンの優劣、ニトロポイントをどこに置くか等、バトルが楽しくなるんじゃないかなぁと。

また車の戦闘力を上げるよりも、パーツの上限を上げたりバトル毎にランダムでニトロの上限が変わったりしても面白そうです。

他にも戦闘力が10違う毎にスタートラインが変わるバトル(距離のハンデ戦)なんていうのも選べれば、逃げ切れるか?追いつけるか?なんていうバトルも楽しそうです。

そうそう最後に、ロケスタに重点が置かれすぎている印象があります。思ったよりVSバトル等で、日向を見かけないのはこのせいなのかな?なんて思います、というか私はその一人です…。