FC2ブログ

バラードスポーツCR-X Si ASの実力やいかに - ドリスピ(ドリフトスピリッツ)攻略?日記

バラードスポーツCR-X Si ASの実力やいかに

バラードスポーツCR-X Si AS(BALLADE SPORTS CR-X Si AS)がドリフトスピリッツに登場して、その実力が気になる人も多いと思います。

実車はまさに昭和の名車とも言える車で、当時のホンダらしく軽量コンパクトな車体が特徴的。まるでオートバイのエンジンみたいに、高回転まで一気に回る『高回転・高出力』エンジンが魅力的でした。

ドリフトスピリッツのなかではS660と同じように、加速力にステータスを多く振られています。CR-Xのほうがやや加速とハンド値がS660より低く、高速とニトロがやや高くといった感じです。

CR-X ☆5++青

個人的には赤と青のカラーがお気に入りで、ホイールやエアロもオリジナルデザインが一番マッチしているように感じます。課金車両だったので、あまり出回っていないのもちょっぴり嬉しいかな。

バラードスポーツCR-X Si ASの戦闘力

バラードスポーツCR-X Si AS(BALLADE SPORTS CR-X Si AS)の戦闘力を公開したいと思います。星5と(星5++)の数値を載せておきます。

高速性能:2377(2437)
加速性能:1683(1698)
ハンドリング:2627(2687)
ニトロ性能:3198(3258)
燃料消費量:445(445)

CR-X ☆5白

まあ見てのとおりといいますか、FFながら加速性能に長けている車になっています。ドリスピではロケットスタートを切って、とにかく逃げまくる作戦になるってところですね。

最近のドリスピでは加速性能が高い車が多く、実際に短いコースもあるので有利とも言えます。不利に感じるのはニューヨークのコースで、S660ともに苦手なコースになっています。

もっとも燃費が良いので、ある程度のドライバーレベルになると常時使用車としてCR-Zの代わりにもなります。最近は全体に戦闘力が底上げしているので、CRーZではきつい戦いもあるので私はCR-Xを普段使いにしています。

バラードスポーツCR-X Si ASの感想

バラードスポーツCR-X Si ASをドリフトスピリッツで乗ってみた感想を言えば、『この車、楽しいなっ』です。速い遅いは抜きにして、とにかく楽しく走れる車なんです。

今までドリフトスピリッツではHONDAS800と日産FAIRLADYZS30Version735の2台が、乗って楽しい車でした。CR-Xは3台目の楽しめる車として、個人的に認定したいと思います。

実際にドリフトスピリッツで最強車といえば、35GT-R系になります。星7での強力な戦闘力は、他の追随を許さない絶対王者。だけどその分の代償として、ロケスタの難しさと燃費の悪さが挙げられます。

他にもHS車とD1の中には速い車がたくさんありますが、残念ながら変えられるのはホイールのみだったりします。まあそれぞれが独自デザインなので、カラーが固定されるのは仕方がないところ。

それに比べるとCR-Xは色の選択肢もあり、エアロとホイールも変更が可能です。もっとも私個人的な意見は、前に書いたようにオリジナルデザインが一番ですが。

CR-X 赤

そして意外にハンドリング値が低くても、長いコーナーが続かなければ大丈夫。サスとターボをフリーパーツに入れておくと、結構コーナーでもたつく感じもありません。

ドリスピGPでも乗りましたが、ニューヨークのコースは相性が悪かったです。首都高や箱根なら、ロケスタがやりやすいので先行できます。加速性能が良いので小さなコーナーでの立ち上がりも早いので波に乗れるし。

Rollin'35のボスバトルイベントは、ストーリーもループもR35のNissanGT-Rとの戦いばかり。その強いGT-RをバラードスポーツCR-X Si AS(BALLADE SPORTS CR-X Si AS)で倒すのも快感です。

そしてなんと言っても大切なのは、画面上での車のサイズ感なのだと思います。あまりデカすぎると軽快感がなくなちゃうので、CR-Xくらいのサイズがちょうどいいなぁと感じます。

実車で言えば現在の車は電子制御モンスターで、安全性能の為にリトラクタブルヘッドライトも廃止。ボンネットも高く衝突安全性で重たいし、コンパクトカーとは名ばかりのデカさ…。

CR-Zでは表現しきれなかった壁、ホンダには実車でCRーXのような車を現代のルールをクリアして再現して欲しいものです。そしたら…
絶対に買います!!

ポチッとなぁ

関連記事
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント